農業を極める

農業専門学校なら当サイトにお任せ!

学費はいくらぐらい?

学費はいくらぐらい? 国内自給率が深刻な状態にあると叫ばれているなか、日本の野菜や果物・食肉を育てる農業の仕事は再注目されてきています。
昔は年寄りが就く仕事というイメージが強かったと思いますが、最近では農業に関心をよせている若者が増加傾向にあるのです。
その理由には、都会で忙しく働く毎日に希望が持てなくなった方や、少しでも社会に貢献できるような職業に就きたいと希望する方が増えたことにあるでしょう。

農業の仕事を始めるには、しっかりとした知識を一から学べる農業専門学校に通うことが基本です。
実家が大きな畑を保有しているなど恵まれた環境なら問題ありませんが、殆どの方の場合はそのような状況にないため、専門的なことを学ぶためには専門学校を卒業いておいたほうが就職も有利になるでしょう。

一般的な農業専門学校の学費は、入学金が5,000円前後、年間授業料が平均で10万円前後かかると言われています。
その他、教材や実習費などを含めても年間50万円程度で済ませることができるので、美容や医療の専門学校に比べてかなりリーズナブルに通うことができます。

農業専門学校にはいろいろな奨学金制度がある

農業専門学校にはいろいろな奨学金制度がある 近年はエコロジー思想の浸透などによって農業に関心を持つ若者が増えていますが、農家は一般企業のように人材の定期募集などを行っているところがほとんどないため、どのように就農したらいいかを知るチャンスが限られています。
そうした機会を与えてくれるのが、農業専門学校です。
農業専門学校では、農業に関する基礎知識や栽培技術について勉強できることはもちろん、農業法人への就職や、農家の経営に関するノウハウも学べます。
農業の道に進みたい人にとって、貴重な経験ができる場となっています。
農業専門学校は実習の機会も多いため、学費は決し安くありません。
しかしその一方で、さまざまな支援制度も設けられています。
他の教育機関と同様、成績優秀な者や経済的に困窮している者に対しては学校単位での奨学金制度がありますし、公的な貸与制度を利用することも可能です。
また、カリキュラムなどについて一定の要件を満たした学校であれば、国が給付する農業次世代人材投資資金が適用されます。
さらに、農業振興に力を入れている地域の学校であれば、自治体独自の支援制度が受けられることもあります。


Copyright © 2020 農業を極める all rights reserved.