農業を極める

農業専門学校なら当サイトにお任せ!

農業専門学校の就職先はどんなところ?

農業専門学校の就職先はどんなところ? 農業専門学校の就職先にはどのようなところがあるのかご紹介します。
農業専門学校の卒業生は大きくみて以下のような場所に就職する人が多いです。
・実家の農家 ・法人団体 ・一般企業(食品メーカーなど) 1つ目の実家の農家を継ぎ、営農を行うパターンでは、主に家族間で一連の作業を行うことが多いですが、人を雇用して大規模な農地を管理する場合など経営者としての手腕が必要になる場合もあります。
最近ではウェブサイトのデザイン等を自ら行いブランディングを行う人もいます。
2つ目の法人団体への就職は、自ら農業を手掛けるのではなく、経営や発展のための研究調査、情報提供や農業の担い手の育成・支援など幅広い分野で農業にかかわる就職先です。
3つ目の企業への就職は、食品メーカーの農業の研究部門への配属になる方が多い一方、最近では飲食店経営企業や、スーパーを経営する企業への就職者も増えてきています。
全体的に見てアグリビジネス(農業に関連する幅広い事業)へ取り組む企業が増えてきているので、今後の採用幅は増加傾向にあります。

農業専門学校は就職率が高いことが特徴となっています

農業専門学校は就職率が高いことが特徴となっています 専門学校を選ぶ際の重要なポイントとして、卒業後の就職があげられます。
学生の多くは卒業後の就職活動をできるだけ有利にすすめたいと考えており、就職に関する実績が高い専門学校が人気を集めているのです。
その他の業種の専門学校と比較すると、農業専門学校は卒業後の就職率で有利であることが多くなっています。
これは農業の専門学校で学ぶ知識や技術は専門性が高く、さらに現場での即戦力として高く評価されることが理由となっているようです。
ただし単純に数字だけで専門学校を選んでしますと、後になってから後悔するかもしれません。
農業専門学校の卒業生が高く評価されるのは、あくまでも農業の現場に限られることになります。
また農業専門学校で学ぶ学生は農家出身者の比率が高く、卒業後に実家で酪農や米作りなどに従事する学生が多いことも、就職率に大きく影響しているようです。
農業専門学校を選ぶ際には自らの進路について、より慎重に検討することが必要だといえるでしょう。


Copyright © 2020 農業を極める all rights reserved.